もう絶対崩れたくない! 暑い夏の鉄壁メイクのコツ6選

どうしてもメイク崩れが気になる暑い夏。おしゃれなメイクでうきうきで出かけても駅に着いた頃にはもうドロドロなんてことも。これはもう仕方がないことなのでしょうか? いえ、決してそんなことはありません! ばっちり対策をすれば綺麗な状態をキープすることも可能です。ひと手間加えて夏のメイクを楽しみましょう。

油分を重ね塗りしすぎない

化粧水を塗ったあとに美容液や乳液、コントロールカラーに日焼け止め…とたくさん重ね塗りしていませんか? 不安になってたくさん重ねたくなる気持ちはよくわかりますが、一旦これらすべてを塗ることはやめてみましょう。夏のメイク崩れの大きな理由は皮脂と汗です。ただでさえベタ付く季節なのに、自らベタ付きのもとを仕込んでしまうなんてもったいないです。最初は不安だと思いますがぐっとこらえて、化粧水 → 乳液 → 日焼け止め兼化粧下地 → ファンデーションにしてみてください。極力崩れのもとになる油分を減らすよう意識するのが重要です。

艶アイテムはなるべく避ける

艶肌に仕立ててくれるファンデーションは、いっきにトレンド肌に見せてくれてとっても便利なアイテムですよね。しかし夏にそのアイテムを多用してしまうのは、艶を通り越してテカりに見えてしまってとっても残念な印象に。できればファンデーションは秋冬に使用していたものとは別の、マット系のものを用意しましょう。「それでもどうしても艶をプラスしたい!」という方は、艶を出したい箇所を絞ってハイライトを仕込めばOK。ファンデーション1本ですべてを叶えようという欲張りな考えは捨てて、特化したアイテムを使用するようにしましょう。

水を有効的に活用!

「汗で崩れるんだから水もよくないのでは?」と思ってしまいがちですが、適度な水はファンデーションの密着力がアップするので積極的に取り入れたいもの。具体的にはリキッドファンデーションを塗る際に、水を含ませたスポンジでファンデーションを伸ばすのがおすすめ。指で顔に軽く伸ばしたあと、水を含んだファンデーションで均一に伸ばすことにより、ムラができにくいことに加え、余分な油分がスポンジに吸収され本当に必要な分だけが肌に残ってくれます。またメイク直しの際は、ファンデーションを重ねるだけだと綺麗にならないことが多いですよね。そんな時はミストローションで肌に水分を与えましょう。1~2プッシュした後にハンドプレスし、気になる箇所だけ薄―くファンデーションを重ねてください。

ルースパウダーは必須!

マット系のファンデーションを使うからルースパウダーは不要と思いがちですが、全くそんなことはありません! きちんとパウダーを使うことで皮脂をおさえ、崩れ防止につながります。テカリがちなTゾーンや鼻まわりは当然ですが、忘れてしまうのが顔のふち。生え際やあご、頬の端もしっかりとパウダーをオンして。シールが剥がれる時は端から剥がれるように、ファンデーションも端が剥がれ始めると大事な顔の中心まで崩れてしまうものなのです。どうしてもメイクをするときは顔の中心に集中しがちになりますが、きちんと顔の端の端まで気を使ってくださいね。

それでも崩れた時は思い切って落として直す

上記の段階を踏んでも、大量の汗にはもしかしたら勝てないこともあるかもしれません。そんな時はファンデーションの塗り直しを繰り返すより、思い切って落としてしまいましょう。「出先でそんなことできない!」と思うかもしれませんが、もちろん全顔を落とす必要はありません。使うのはクレンジングではなくて乳液。しっとりタイプのものより、少しゆるめの水分多めのタイプを選ぶとよいです。崩れが気になる箇所に指で乳液をなじませて、ファンデーションが浮いてきたらティッシュオフ。その箇所のみに下地とファンデーションを塗り直せば、何度も重ね直すよりうんと綺麗な状態を維持することができますよ。

パンダ目予防は粉が肝

アイラインやマスカラが落ちて下まぶたが真っ黒! なんてことよくありますよね。目立ちやすいですしかなりだらしない印象に。そうならないためには下まぶたに粉を仕込むのがコツ。ルースパウダーをパフでオンするのもよいですが、おすすめなのは白っぽい色のアイシャドーを乗せること。涙袋を作る要領で、下まぶたの際からアイシャドーを入れることでにじみ防止に絶大な効果が! もしそれでも滲んでしまった場合は、その上からアイシャドーを重ねてしまわないこと。綿棒などで一度オフしてから、しっかりとルースパウダーかアイシャドーを入れ直してくださいね。

まとめ

一番おしゃれを楽しみたい季節にメイク崩れなんて気にしていたくないですよね。崩れ対策をばっちりして出かけて、もし崩れたら最適な方法でメイク直しをする。上記6つのポイントを徹底することでいつもの何倍も夏を楽しめるはず! 特別な道具が必要なわけではないので、今日から手軽にはじめられますよ。面倒がらずに是非チャレンジしてみてくださいね。

メイク

Posted by mirai