痩せたいと思った時に。簡単にできる下腹ダイエットまとめ

ぽっこりとでた下腹は、鏡で見ると自分でも気になりますよね。ぴったりとしたスカートやデニムを履いた時に、その下腹を誰かに見られているかもしれません。

今回は、下腹がでてしまう原因とそのダイエット方法をご紹介します。

【1.なぜ下腹がでてしまうのか】

ダイエットをしても、下腹はなかなか痩せにくいと思ったことはありませんか。お腹の下の方についたお肉、その正体は「皮下脂肪です。」皮下脂肪は、お腹や太もも、お尻などにつく脂肪です。男性よりも女性につきやすい傾向にあり、一度つくと落とすのが大変なダイエットの強敵です。皮膚の下にたまるため、手でつまめる脂肪なのです。

また、内臓についてしまった「内臓脂肪」も、下腹がでる原因でもあります。内臓脂肪は、内臓を支える腸間膜という部分の周りにつきます。皮下脂肪より、内臓脂肪の方が落としやすいと言われています。

【2.下腹がでる原因①便秘や腸内環境】

まず、下腹がでる原因として、便秘が考えられます。自分の便通のリズムを把握していますか。便秘は腸内環境だけでなく、健康に大きな影響があります。自分の便通について、知ることが大切です。

便秘になると、腸内環境が悪くなります。また、腸内環境が悪くなると、便秘になってしまいます。腸内環境と便秘は、それぞれが影響を受けているという訳です。

【3. 下腹がでる原因②筋肉が衰えている】

お腹の筋肉は、「腹直筋」「腹斜筋」「腹横筋」の3種類があります。お腹にはたくさんの内臓がありますが、骨はありません。そのため、腸間膜や腹筋が内臓を支えてくれています。腹筋が衰えてしまうと、内臓が下に下がり下腹がでる原因になってしまうのです。

腹直筋は、お腹前面の一番上にある筋肉です。体を前に曲げる動きによって、働かせることができます。腹斜筋は脇腹にあり、インナーマッスルと言われる筋肉です。ウエストのくびれを作るために、鍛える筋肉です。腹横筋は、天然のコルセットと言われます。お腹からわき腹の前面にあるインナーマッスルになります。お腹を引き締め、内臓を支えたり正しい姿勢を維持したりする働きを持ちます。

【4. 下腹ダイエット①ドローイング】

お腹を引っ込めるだけ、簡単にできるドローインです。腹横筋を鍛えるトレーニングで、呼吸しながらお腹をへこませるだけです。

インナーマッスルを鍛えることで、お腹を引き締めてすっきりしたスタイルになります。ドローインは簡単なので、電車を待っている時間や家事の合間など生活に取り入れやすいトレーニングです。

ドローインのやり方は、簡単です。まず、背筋を伸ばし、正しい姿勢で立ちます。その姿勢を維持しながら、お腹全体をへこませるイメージで、お腹をへこませます。そして、30秒間へこませた状態を維持します。30秒経ったら、息を吐きながらゆっくりと元に戻します。

ポイントは、意識して呼吸することです。呼吸を止めないようにしてください。また、始めた際に、「30秒がきつい」と感じたら、15秒など短い時間から始めてみてください。30秒行うことではなく、お腹を意識して動かすことが重要になります。

【5. 下腹ダイエット②自転車こぎエクササイズ】

寝ながらできる「自転車こぎダイエット」は、テレビを見ながらできるので「ながらダイエット」におすすめです。短期間で効果が期待できるトレーニング方法です。

まず、ベッドなど柔らかい物の上に寝ます。腕で腰を支えながら、腰を浮かせます。そして、脚を真上にあげていきます。このとき、腹筋に力が入っていることを意識してください。この状態で、自転車のペダルをこぐイメージで10回転します。逆回転も10回行います。

前後10回転を1セットとして、3セット行います。腰を浮かせるときついですが、自然に下腹に力が入るため効果的なトレーニングができます。

【6. 下腹ダイエット③腸のマッサージ】

腸内環境の悪化により、お腹が張ってしまうと下腹はへこみません。そこで、腸のマッサージがおすすめです。

まずはおへそ回りをマッサージして、小腸のコリをほぐします。おへそ回りは、リンパ節や腸の働きを調整する神経が存在します。そのため、マッサージをすることで、むくみを解消することができます。

次に大腸です。大腸はガスや便が貯まりやすく、便秘の原因となっています。S状結腸の周辺をやさしくマッサージしてください。便秘の解消が期待できます。

【7. 下腹ダイエット④腸内環境を整える】

便秘解消や腸内環境を整えることは、ダイエットだけでなく健康につながります。そこで、食物繊維やヨーグルトを意識して摂取してください。水溶性食物繊維は、腸内の善玉菌を増やしてくれるので、腸を刺激して便秘解消につながります。不溶性の食物繊維も水分を吸収するので、腸を刺激して運動力を高めてくれます。

まとめ

ダイエットは、まず原因をしっかりと理解することが重要です。やみくもに行っても、的確な効果は期待できません。自分の身体の状態を分析し、身体を整えたり、トレーニングしたりすることが重要です。

今回ご紹介した方法は、簡単にできるものが多いため生活に取り入れてみてください。正しいやり方で行うことで、短期間ですっきりとしたウエストを手に入れることができます!

お腹

Posted by mirai