BOOCSとは?ダイエットに効果的な脳疲労改善まとめ。

最近、脳疲労という言葉を聞くようになりました。脳の疲れがダイエットにどのような影響を与えているのでしょうか。脳疲労とダイエットの関係と、脳疲労の解消法であるBOOCSについてご紹介します。

【1.脳疲労と肥満の関係】

脳疲労は、脳がストレスを受け続けたことで、脳機能が低下する状態です。脳疲労になると、味覚や聴覚などの五感が鈍くなります。そのため、普段の行動にも影響が出てしまうのです。例えば、食べる量が増えたり、いつもより味の濃いものを好んだりします。さらに、動くこともしんどくなってしまいます。本人に自覚はなくとも、客観的に見ると過食や体を動かさないという状況になってしまうのです。動かなくても食べる量は増えるので、過剰なエネルギーが肥満を引き起こします。

生活習慣病や肥満を抱えている人は、味覚が鈍っていることがわかっています。つまり、健康な人と比べると、甘味や塩辛さを感じにくくなっているのです。そのため、たくさん食べてしまったり、太りやすい味付けを好むようになってしまったりするのです。エネルギーの消費量と摂取量のバランスが崩れ、生活習慣病や肥満になってしまうというわけです。

【2.ストレスと脳疲労の関係】

肥満の方の多くは、「食べ過ぎないようにする」「運動をする」と思っていますが、それができません。できないことを無理にさせようとする肥満治療は、とても難しいのです。

ストレスは人間関係や仕事、気候などによって感じます。ストレス過剰とは、“情報が多すぎる”とも考えられます。その過剰な情報を受け取り処理するのは、脳です。脳は、適切な情報量であれば適切に処理してくれます。それが多すぎると、身体が疲れすぎて動けないときのように、脳の働きも低下します。その結果、脳疲労となってしまうのです。

ダイエットも普段の食生活や運動習慣を強制的に変えようとしているわけですから、大きなストレスになります。このストレスが脳疲労を引き起こし、脳疲労がリバウンドにつながってしまうのです。

【3.脳疲労の解消法BOOCS】

脳疲労を解消する方法として、「BOOCS(ブックス)」というものがあります。BOOCSとは、Brain Oriented Oneself Care Systemの略で、2原理3原則から成ります。

「①禁止・禁止の原理」です。「これしてはダメ」「あれをしなさい」という命令を自分自身にしないということです。そうすると、「これをしてもいい」と心が楽になります。2つ目は、「②快の原理」です。自分がしたいと思ったことをやってみるということです。甘いものを食べたいと思った時には、甘いものを食べるということです。

第一原則は“たとえ健康に良いことでも嫌であれば決してしない”、第二原則は“たとえ健康に悪いことでも好きでたまらないか、止められないことはとりあえずそのまま続ける(決して禁止しない。)”、第三原則は“健康によくてしかも自分がとても好きなことを1つでも良いから始める”というものです。

BOOCSはもともと生活習慣病の治療法として提案されました。脳疲労を解消することで、肥満は改善できるという考え方です。「食べちゃダメ」「運動しないといけない」というダイエット方法では、大きなストレスがかかっています。このストレスの反動によって、暴食などの異常行動につながります。BOOCSは脳疲労を改善することからスタートするため、ストレスなく続けることが可能となります。

【4.脳疲労を解消するとなぜ痩せるのか?】

今までのダイエットは、食べ過ぎなどの異常行動を健康的に戻すことを目的としていました。しかし、それは大きなストレスになり、ストレスを感じている人に更なるストレスをかけていることになります。その結果、脳疲労を引き起こして、肥満の治療を行っている途中で暴飲暴食をしてしまうのです。

BOOCSでは、脳疲労を解消することを目的としています。この方法では、運動をしたくない場合は運動をしませんし、甘いものと食べたいときは甘いものを食べます。つまり、自分で自分に「運動しなさい」「甘いもの禁止」という命令を止めるのです。自分がしたいことをして、やりたくないことはやらないでいると、本能をつかさどる大脳辺縁系という部分が喜び、脳内でもプラスに働きます。これが“快の原理”です。

脳疲労を解消することで、五感の働きを正常にして、体を動かそうという意欲が湧いてきます。脳疲労によって引き起こされていた異常行動が解消されるのです。体の調子を整えることで、摂取カロリーと消費カロリーも正常に戻ります。運動や食事制限などのダイエットをしなくても、健康的な体重減少が期待できるということです。

まとめ

私たちの脳は気づかないうちに、さまざまなところでストレスを受けています。さらにダイエットでストレスを加えては、脳が疲れてしまいます。脳疲労を解消することで、体の調子が整えられ、食べ過ぎや適切な味付けに戻すことができます。自分の心の声に耳を傾け、脳が喜ぶことをしてあげましょう。

方法, 未分類

Posted by mirai