「何もやってないよ〜」はウソ。綺麗なあの子が、家でやっている自分磨きまとめ。

   

何でいつも綺麗で可愛いの?

いつ会っても、"綺麗で可愛い"友達っていませんか?

気になって仕方ないから、可愛くなる秘密を聞いても、「何もしてない〜」って流されたり。

肌は綺麗だし髪はサラサラなモデルみたいな友達が、何もしてないなんて、考えにくい。

人には見せないけど、きっと自分磨きを家でしているはず!

可愛いあの子が、見えないところでしてる自分磨きをお伝えします♡

朝、家を出る前に

■起きたらまず、白湯を飲んで。

朝起きたらまず、白湯を飲んでいるみたい。白湯というのは、温めた水のこと。

水を沸騰させた後に、50度くらいまで冷ますのが◎。

白湯は、体をゆっくりと活動モードにしてくれて、新陳代謝や血液の流れがよくなり、お肌も綺麗になると、2いいことだらけ。

■朝食はしっかり食べる。

どんなに眠たい朝でも、朝ごはんをスキップすることはしないみたい。

睡眠って、実は体力を使うんです。

朝はエネルギーが足りない状態だから、午前中を元気に過ごすためには朝の食事が必要。

基礎代謝がアップする効果もアリ。

■10分だけ早く起きて、丁寧にメイク

可愛くて綺麗なあの子の朝は、ちょっぴり早い。

10分早いだけで、洗顔した後にゆっくり化粧水をつけたり、アイラインを落ち着いてひくこともできるんです。

メイクがいつも整っているのは、朝の時間の使い方も理由のひとつ。

■日焼け止めは家を出る30分前に

日焼け止めを塗るタイミングは、家を出る前じゃないんです。

日焼け止めは体になじませることが大切。

だから、家を出る30分前に塗るのが◎

日焼け止めを塗るタイミングは、家を出る直前ではないみたいです。

日焼け止めは家を出る直前に玄関でサッと塗っている、という方は多いのではないでしょうか。
それでは日焼け止めの効果を充分に得られないのです。
日焼け止めは“肌に馴染む”ことが大事。
肌に馴染ませるために、約30分確保するのが◎。

KOSEの透明な日焼け止め。

スプレーだから、塗りづらい箇所まで完全に防御できちゃいます。

綺麗なあの子は、体だけじゃなく、髪や頭皮の日焼けも気にします。

夜、家に帰った後は?

■お風呂でゆっくりマッサージ

お肌に気を使う女性は、ゆっくりお湯に浸かって、肌の疲れを癒しています。

お風呂はリラックスするだけではなく、毛細血管が広がって血の流れが良くなり、

その状態でゆっくりマッサージすると、むくみケアになるんです。

あなたにあった可愛い入浴剤も探してみて。

■髪はちゃんと乾かす。自然乾燥はダメ。

髪が綺麗な子は、お風呂上がりに自然乾燥させず、ドライヤーで髪を乾かしています。

タオルで拭いた後、自然乾燥させていませんか?

濡れっぱなしの髪はキューティクルが開いているので、傷つきやすいんです。

髪が痛まないように、頭皮から毛先にドライヤーを当てるのが、綺麗な髪の作り方。

洗い流さないトリートメントをつけるとさらに◎

■ビタミンCを摂取する

肌が綺麗な人は、ビタミンCを取ることを習慣にしています。

ビタミンCは肌を綺麗にしたり、コラーゲンを作ったりする効果があります。

ビタミンCは一気に取るよりも、こまめに取るほうがいいんです。

なので、朝に果物を少し取るのが効果的です。

■ハンドクリームを寝る前に塗ること。

手がすべすべで、綺麗な女性は、乾燥がひどくない季節でも、寝る前には必ずハンドクリームを塗っています。

夏でもエアコンで冷えた部屋にいると、意外と手は乾燥します。

寝る前にハンドクリームをすることが、スベスベ肌の秘訣。

綺麗な子は、本当は努力してる。

やっぱり、可愛いくて綺麗な人は、努力している。

今日からできること、試してみてください。

  おすすめ記事

 - ダイエット, ファッション