今年こそ真っ白を目指す。色白肌キープのための、正しいUVケア方法まとめ。

   

夏が終わって日焼けに後悔してしまうあなたに、

正しいUVケア方法を伝授します。

日焼けをしてしまっても、アフターケアをしっかりすれば大丈夫。

今年こそ真っ白の肌を目指しましょう♡

紫外線が日焼けとシミの原因。

シミの原因になる、紫外線。

紫外線の中で肌に影響を与えるのはUVAとUVBという波長です。

▷UVAって何?

UVAを浴びると、肌の老化の原因になります。

肌にダメージが蓄積して、ハリや弾力を失います。

肌の奥の真皮にまで侵入し、肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こす原因になるのです。また、すでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせる作用もあります。

UVAは窓ガラスも透過します。

外に出なくても、日当たりのいい場所ではUVA対策が必要です。

▷UVBって何?

UVBは肌を赤くしたり、黒くしたりして、シミやソバカスの原因になる紫外線。

UVAよりも強いエネルギーを持った波長です。

浴びたUVBは表皮に影響を与え、細胞を損傷して火傷のように赤くなったり(サンバーン)、メラニン色素が沈着して褐色になったり(サンタン)、シミやソバカスの原因にもなります。

外に出るときには注意が必要で、

ケアを怠ると肌が赤くなったりしてしまいます。

日焼け止めの正しい使い方。

紫外線対策に欠かせない日焼け止め。

たくさんの種類があるので、

SPFやPAなどの意味を紹介します。

▷SPFの意味は?

SPF(Sun Protection Factor)は、

UVBをどのくらい防げるかを示します。

日焼けが始まるまで、何倍遅らせられるかがわかります。

紫外線が当りだしてから日焼けしてしまう(=紅斑といって赤い斑点が出て炎症を起こしている状態)まで、人によって個人差がありますがだいたい15分~20分と言われています。それをたとえばSPF30なら30倍遅らせることができる…という意味です。

▷PAの意味は?

PA(Protection Grade of UVA)を見ると、

UVAをどのくらい防げるのかがわかります。

PA+、PA++、PA+++、PA++++の4段階あり、+の数が多いほど紫外線を防ぎます。

+の数が多いほど紫外線A波(UVA)を防ぐ効果が高くなっています。

▷日焼け止めの使い方。

UVAはガラスを通過するので、家でもケアが大切。

普段使うのは値が小さいSPF20~30、PA++~+++で十分と言われています。

本気で日焼けしたくない人は SPF、PAの値が高いものを選びましょう。

日常使いならばSPF20~30、PA++~+++でも十分です。絶対焼きたくない人、シワが気になる人、屋外に出ることが多い人はSPF50、PA++++を選ぶとよいでしょう。

旅行に行くときは、SPFとPAが高いだけでなく、汗に強いウォータープルーフタイプがおすすめ。

一度塗った後も、こまめに塗りなおすことも忘れずに。

鼻や頬、おでこなどのパーツは焼けやすいので重ね塗りがおすすめ。

耳や首、背中、足の甲は塗り忘れが多いので注意して。

特に、おでこや鼻筋、頬など、顔の中で高さのある部分はやけやすいので、重ねて丁寧に塗りましょう。また、日やけ止めは必ず2~3時間ごとに塗り直すようにしましょう。

日焼けしてしまった時は?

日焼けしてしまった時は、肌をできるだけ早く冷やしましょう。

冷やしたシートマスクを使うと、肌が冷やされて潤いも与えられるのでおすすめ。

夏場は、シートマスクを冷蔵庫で冷やしておくと、いざという時に冷却と保湿が一度にできるので便利なのでおすすめ。もちろん美白美容液などの使用も必要ですが、まずは炎症を抑え、乾燥を防ぐことが第一。

ぷるぷるの肌に導いてくれるマスク。

敏感肌向けなので日焼け後も安心です♡

今年こそ白雪姫に♡

正しい日焼け止め方法を学んだら、今年こそ日焼けを防げるはず。

UVケアをして、白雪姫を目指しましょう♡

  おすすめ記事

 - 恋愛, 旅行・おでかけ