相手の考えが知りたい!「立ち位置」でわかる異性の心理。

      2016/11/28

立ち位置心理

恋人、もしくは気になっている異性とデートしているとき、お互いの立ち位置を意識してみてください。

実は、相手の立ち位置で相手の心理を知ることができるんです。

今回は、位置でわかる異性の心理をご紹介します♪

彼が右に立っているとき

彼が親切

彼氏が右利きで、あなたの右側に立って歩くことが多い場合の立ち位置の心理をご紹介します。

右側に立っているとき、彼は潜在的にあなたを守ろうと思っています。

右側に立つことで、利き手の右手が自由になります。”何かあった時に、すぐに相手を助けられる”ことから、右側にいたくなるそうです。

ですから、異性を守ってあげたい、と感じるひとが、相手の右側に立つことが多いです。

また、彼が右に立っている場合、あなたは彼にとって安心できるパートナーだと思われています。これは、心臓は左側にあるため、左側には危険を感じるものを置くことは避ける心理からわかります。

男性の左側に立つ女性の気持ち

左側に立ちたくなる女性は、男性に守られたいと思っています。具体的には、主導権を相手に与え、リードしてほしいという思いを持っています。

統計的に、カップルの多くは男性が右側で、女性が左側にいることが心地いいと感じるようです。

ちなみに、ひな祭りのお雛様とおだいり様もこの位置関係で座っています。

最近は男女の位置が変わり始めている?

実は最近、男性が彼女の左側を好むケースが増えてきているようです。

これは、近年の若い男性に、いわゆる草食系が増えているからだそうです。しかし、これが悪いことというわけではありません。

利き手を開けていない男性は「支配欲がない」とも言われています。

つまり、彼女を束縛せず、優しく接してくれるタイプなのかもしれません。彼氏が草食系で受け身なら、女性が右側に立ってリードしてあげると良い関係が続くようです。

立ち位置で、気を付けること

プライド高い

立ち位置で気をつけておきたいのは、相手の正面には立たないようにすることです。相手と向かい合うことで、無意識的に相手を「威圧」してしまいます。

お互いに信頼関係を持っているならば問題ないのですが、正面で向かい合うことは相手も自分も緊張状態に陥ります。

緊張は警戒心へと変わっていくので、正面に立つことはお勧めしません。

これは異性とのケースに限らず、先輩と後輩、同性の友達でも同じことが言えます。正面で話すことは多いですが、実は横に並んで話すほうが仲良くなりやすいです。

立ち位置の心理学をマスターして、いい関係を築いていきましょう♪ 

  おすすめ記事

 - 恋愛