幸せな人の「気持ちが楽になる」方法

      2017/10/24

 

嫌なことがあったり、不安な気持ちになったら、

幸せになれる人はどんな行動をするのでしょうか。

今回は幸せな人の実践している、

気持ちが楽になる様々な方法をご紹介します。

自分の身体を気づかってあげる

自分を気遣う

自分の身体の疲れやだるさを、

しっかりと感じ取ることは、とても大事なことです。

風邪とまでいかない身体の不調は、無視してしまう人が多いです。

普段気にしない身体の声にも、耳をすませてあげましょう。

「今日は身体が重たい」と感じたら

しっかりと休みを取りながら、無理ない範囲で行動しましょう。

深い深呼吸

幸せな人

疲れていたり、ストレスが溜まっている時、無意識に呼吸は浅くなっています。

浅い呼吸は自律神経に悪影響があり、ストレス増加の原因となります。

イライラした時こそ深呼吸をするようにしましょう。

深呼吸を日常的にするには、「ヨガ」もオススメです。

ヨガはストレス解消の他にも、痩せやすい身体になり、姿勢も良くなるのでオススメの運動です。

1つ1つしっかりと。

日々の生活が雑な流れ作業になっていると心に悪影響です。

1つ1つのことに気持ちを込めて丁寧さを意識すると、心に余裕が生まれます。

食事の時間も急いで食べるのではなく、ゆっくり丁寧に食べるようにしましょう。

いいところを探す。

人の悪いところを探すクセがつくと、いつも嫌な気分になります。

逆に、人の良いところを探すクセがつくと、いつも幸せな気分になります。

無意識で良いところを探すクセがつくとイライラすることはなくなるでしょう。

相手のために時間を使う。

相手に時間を使うことは、あなたのためにもなります。

人のために時間を使うと、

「人に時間を使うくらい自分は余裕を持ってる」

と思うようになります。

一人でストレス発散するのと、人と会ってストレス発散することは、

どちらも必要なもので、どちらかで良いということはありません。

一つのことに集中しすぎない

例えば、勉強すると決めたから他のことは何もしない。

など、なんでも極端は良くありません。

頭の中が一つのことでいっぱいになると、

力みすぎて周りが見えなくなり、幸せを感じにくくなってしまいます。

バランス良くこなす人は、適度な休憩も取れて、やるべきことも集中できます。

視野を広げたほうが、かえって上手くいくことも多いですよ。

余裕を持っている人は魅力的に見えます。意識して頑張ってください。

  おすすめ記事

 - お悩み・相談, ライフスタイル