ハーバード大で研究された、人生を幸せにする「3つの秘訣」

      2016/11/03

0I9A7044_TP_V

ハーバード大学が75年間研究した、幸せになる秘訣はシンプルなものでした。

お金や、地位ではなく、

良好な人間関係こそが、あなたに本当の健康と幸せを届けてくれるのです。

友達は数よりも質

友達が多いと、自分には合わない、

少し面倒だなと思う相手とも付き合っていかなければなりません。

嫌だな、とか、許せない、という気持ちが毎日多いと、

健康に非常に悪い影響を及ぼします。

ストレスになる関係はできるだけ無くして、

自分にあった人間関係を作っていくことが幸せの秘訣です。

孤独な人は寿命が短い

長い間孤独な人は、脳機能や健康が低下し、孤独ではない人に比べて寿命が短い、という研究結果が発表されました。

自分の好きなことばかりやっていて、周りと付き合わず孤独な人は、幸せそうな気がしますが、寿命が短いようです。

寂しいなと感じた時、一緒にいてくれる人を大切にしましょう。

いい関係が脳を活性化させる

つらい時、助けてくれる人が自分にはいる、と感じる人は、そうでない人よりも記憶力が良いというデータがあります。

愛情をたくさんもらって育った人は、記憶力が高まり、学力も向上するようです。

いつも、喧嘩ばかりしているカップルでも、

お互いに困った時に助け合える信頼があるかどうかが、幸せと、健康に大きく関わっているそうです。

人間関係が面倒くさくなったり、孤独を感じた時に、

私は一人でも大丈夫と強がってしまうこともありますが、

それでは、本当の幸せが得られず、寿命も短くなってしまうようです。

  おすすめ記事

 - ライフスタイル