肌が乾燥気味、乾燥肌を防ぐコツ。

      2016/11/03

YUKA150701598457_TP_V

「Q. 最近なんでかかわからないけど、お肌や体が乾燥気味です。乾燥を防ぐコツってありますか?(大学二年 女性)」

 

季節の変わり目は体調に変化が見られることがよくあります。
なかなか起きられないやいつもより食欲が旺盛になったり症状はさまざまです。

季節の変わり目に見られる症状の一つとして見られるのが「乾燥」。
女性にとって「乾燥」は大敵です。

ニキビや吹き出物やシワの原因になったり、ボディーに関して言えば、
ガサガサ肌って女性として本当に嫌ですよね。

触ってみたくなるような、

キメが細かくてなめらかモチモチの足や

腕、手をキープしたい人は多いのでないでしょうか?

そこで、女性なら必ず憧れる肌を手にいれる方法、
今回は乾燥対策についてご紹介します!

ボディークリームは基本。

保湿することは、

基本中の基本です。

この作業を怠っていては

「乾燥」を防ぐことは難しいかもしれません。
毎日欠かさずボディークリームを使い、

体を保湿することが重要です。

「乾燥」とは体に水分が足りていないから乾燥するのです。
ボディークリームを塗るついでに、

マッサージをすることで血流が良くなり、

むくむ解消につながったりします。

「めんどくさい」と思われる方もいるかもしれませんが、

たった5分でボディークリームは塗り終わります。

たった5分保湿に時間を割いて、

乾燥してない女性らしい肌を手に入れていければいいですね!

ボディーオイルを使う

ボディーオイルを使うことで期待できる効果は多々あります。

ボディーオイルを使い続けることで、

シミ対策や、足や腕であれば、傷跡をなくしたり、

リッラクス効果があったり良いことだらけです。

「ボディークリームだけでは物足りない」

そんな乾燥のヒドい時期にはボディークリームとボディーオイルの

両方使用することをおススメします!

併用する際は、クリームをぬってから、

オイルを使うこの順番で使ってくださいね!

お肌は翌日までしっかり保湿されているでしょう。

ちょっとお手入れをして、お肌の乾燥を撃退していきましょう。

加湿器

加湿器を使うことで肌の水分蒸発が防ぐ効果があると言われています。

それだけでなく、風邪の防止や喉のイガイガ防止にもつながります。

アロマオイルを数滴たらせば、

いい香りからリッラクス効果も期待できるでしょう。

しかし、お使いの加湿器の機能を確認の上、試してください。

また、加湿器の期待できる効果は多々あるからといって

「加湿しすぎ」には要注意です。

加湿しすぎてしまうとカビの原因になったり、

結露の原因になったりします。

カビが発生するとアレルギーの原因になったり体に良くない影響を及ぼします。

程よい加湿をして乾燥を防いでいきましょう!

ワセリン

「リップクリームはこまめに使っているけれども、なんかカサカサになる」

という人は多いのではないでしょうか?

唇もカサカサになってしまえば、

口紅のノリが悪かったり、見栄えが悪かったりします。

そこで、たった5分でできる唇ケアを紹介します!

用意するものは「ワセリン」と「ラップ」だけです!

まず、ワセリンを多めに唇に塗り、

次にラップで唇を覆います。

そして5〜10分放置するだけ。たったこれだけです

夜、自宅でテレビを見ながらや、

本を読みながら気軽にできるので、

この方法で魅力的なプルプル唇を作り出していきましょう!

観葉植物をおく

加湿器がない、買いたくないそんな方におススメの方法です。

観葉植物をおくことで、天然の加湿器を置いていることになります。

葉っぱから蒸発される水分がお部屋の乾燥を防ぐ効果があるといわれています。

大きさはどんなものでも大丈夫です。

インテリアとしても観葉植物を置いてみてはいかがでしょうか?

日々の生活に「緑」があれば落ち着くことができるでしょう。

お花を見ることでホッとできたりするのと同じことです。

観葉植物をお部屋におくのであれば水をやることはお忘れなく!

植物も生き物です!責任もった行動を心がけましょう!

浴室を開けっ放しにする

お風呂あがりって蒸気が浴室に充満していますよね。

鏡がくもってしまったりしてると思います。

そこを上手に利用し、お部屋の保湿に繋げていきましょう!

方法はいたってシンプル且つ簡単です。

それはお風呂あがり、浴室の扉を開けっ放しにする。

たったこれだけです。

リビングでもない部屋に加湿器をおくのはもったいないですよね。

でも乾燥は気になる、そんな時はこの方法を試してくださいね!

お風呂を入ったことで発生する蒸気を上手く活用し、

乾燥知らずのお家、お部屋にしていければいいですね

まとめ文

乾燥を防ぎ方はわかっていただけたでしょうか?

方法はいろいろありますが、自分に合った乾燥対策を見つけ出し、

それを3日坊主ではなく、続けていきましょう。

そうすることで、モチモチフワフワのお肌への道のりを歩むことができるでしょう!

乾燥は女性の天敵です!しっかり対策し撃退できればいいですね!

  おすすめ記事

 - お悩み・相談, ライフスタイル