怒りたい時、イライラした時の対処術。

      2016/11/03

SAYA160104035345_TP_V

もともと怒りっぽいほうだけど、

最近は特にムッとしたり、イラッとなったり。

怒りというものは、難しいもので、

ただ怒鳴り散らして、スッキリするものではありません。

怒ったら必ず後悔する。

怒ったら、相手の対応で、

さらに怒りが増してしまうこともあります。

怒っら後悔するし、余計なエネルギーを使ってしまい、

体も心もつらくなります。

さらに、あなたが起こると周りにも、嫌な雰囲気が伝染していき、

人間関係がギクシャクしてきます。

しかし、人間なら怒りたい時も、もちろんあります。

そんな時、どうすればいいのでしょう。

今回はイラっとした時に、怒らない方法をご紹介します。

怒らない方法いろいろ。

発想の転換で、怒りを抑えることはできます。

湧き上がってくるイライラを、客観的に実況中継してみる。

 

家族や、身近の友達など、

毎日会う人に、怒っている時、効果的な方法です。

嫌だなーと思う、相手の行動に対して、

それを客観的に観察して、

スポーツの実況中継のように、

ニュースの解説風に、

頭の中で相手の行動を実況します。

客観的に相手を分析すると、相手のことがわかるようになり、

自分が何にイライラしているのかも、わかるようになります。

この方法をうまく活用すると、イライラしていた相手の行動が、面白く感じてきます。

あの人またやってる。なんでだろうと、

イライラせずに冷静になれます。

すぐにできる方法、深呼吸

酸素が足りないと、自律神経が乱れ、

人はイライラします。

呼吸を整えることが、怒りには効果的です。

新鮮な酸素を脳に送って、怒りを抑えましょう。

怒った時は、まず深呼吸を習慣化してください。

イライラの原因から、数メートル離れる

すぐに怒る短気な人、大げさな人、

こういう人にイライラしても無駄なので、その場から離れましょう。

触らぬ神に祟りなしです。

  おすすめ記事

 - ライフスタイル