今聴きたい「桜ソング」ランキングを公開。

   

_DSC0092_TP_V

もうすぐ桜が開花するとニュースでは話題ですね。

『CD&DLでーた』が、桜の季節ということで、桜ソングのランキングを公開しました。

2016年桜ソング、10位まで発表

1位 さくら/森山直太朗

2位 さくら/ケツメイシ

3位 桜坂/福山雅治

4位 桜/コブクロ

5位 SAKURA/いきものがかり

6位 サクラ咲ケ/嵐

7位 桜色舞うころ/中島美嘉

8位 桜ノ雨/absorb feat.初音ミク

9位 さくらガール/NEWS

10位 SAKURAドロップス/宇多田ヒカル

この桜ソングランキング、なんと6位までは、去年と順位が全く変わっていないんです。

6位までが鉄板ソングとして、多くの方に愛されていることがわかります。

「森山直太朗/桜」を詳しく、解説。

1位の森山直太朗さんの桜は、桜と聞けば、

多くの人はこの歌が思い浮かぶほどの、大人気の桜ソングです。

卒業シーズン、卒業式で歌った人もいるかと思います。

この曲は、作者の森山直太朗さんが、デビュー2年目に作詞・作曲した歌です。

歌いやすく、親しまれるメロディーで、

今では合唱に欠かせない、人気ソングとなりました。

「さくら(独唱)」が正しい名前?

カラオケで歌う時に、「さくら(独唱)」という名前でこの歌を見かけます。

実はこれは、アルバムに、バンド演奏の「さくら」と、ピアノ独唱の「さくら(独唱)」

の2種類があったため、区別するためつけられた名前です。

独唱の方が有名になりましたが、始めは「さくら」という名前で作詞されたそうです。

会社はヒットすると思っていなかった。

「さくら」を歌うまで、全く有名ではなかった森山直太朗。

初盤発行数は少なく、レコード会社もこの曲に力を入れていませんでした。

そのため森山直太朗は、スタッフと協力して、福岡から北海道まで、

桜前線と一緒になって北上するツアーを開催しました。

スタートした福岡ではわずか20人しかお客さんが来ませんでしたが、北海道に着く頃には、1000人もの観客が集まり、桜を代表する曲として大ヒットするようになりました。

サビは知ってるけどちゃんと聞いたことがない方は、この機会に聞いてみてくださいね。

今年の桜はいつ?

今年の東京の桜の開花宣言は3/21(月)と言われています。

三連休には、桜が咲くようです。

桜ソングを聴きながら、桜の開花を楽しんでみてください。

  おすすめ記事

 - ライフスタイル