睡眠とダイエットは関係あるのか。これを知っていれば大丈夫。

      2016/03/06

CRI_IMG_6067_TP_V

睡眠とダイエットの7つの関係

ダイエットに関係ないと思いがちな睡眠ですが実は美容には欠かせない重要なポイントでもあるのです

ついつい更かししてしまうあなたこれを機にあなたの睡眠を見直してダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか

1.長い時間起きている事で空腹感が増す

遅くまで更かししているとお腹が空いてしまいますよね起きている時間が長い分だけついつい間食をしてしまったり深夜のグルメ番組等の誘惑に負けてつまみ食いをしてしまったりと後悔してしまう事になりかねません

空腹はダイエット中の最大のストレスですがせっかくダイエットをしているのに空腹に負けて間食してしまっては元も子もありあません

なのでご飯を軽く済ませた後は無駄な更かしはせずテレビやスマホをなるべく見ないようにして気持ちよく眠れるように準備をしましょう

2.食事のリズムが崩れやすい

毎日決まって3食をきちんとした時間に食べる人は睡眠時間や起床時間等の生活リズムがある程度決まっている人が多いです

睡眠サイクルや生活リズムがきちんとしていない人は更かしをして間食をしたからご飯を抜いてみたものの今度はお昼にいつよりも食べ過ぎてしまったりせっかくご飯を少なくしたのに更かしをしてまた間食をしてしまったりと食事のリズムが崩れて暴飲暴食になりやすい傾向にあります

ダイエット中であれば食事のリズムが崩れないように睡眠サイクルをきちんと決めて正しい食事のリズムを心がけましょう

3.質の良い睡眠で脂肪燃焼率UP

1日7時間きちんと質の良い睡眠を取る事によって寝ている間も効率よく脂肪を燃焼する事が出来るんです一説では正しい睡眠によっては寝ているだけで300キロカロリーを消費するといわれています

またきちんと睡眠を取る事で食欲を抑えるレプチンというホルモンが分泌されるのでダイエット中には嬉しい効果も期待できます

晩ご飯はなるべく食べ過ぎないようにすることでより質の良い睡眠を取る事が出来るし自然と過食を押さえられるのでお金もかからないし誰でも出来るお手軽な寝るだけダイエット言ってもいいでしょう

4.睡眠不足で太りやすくなるホルモンが分泌される

ストレスを感じたりすると食欲が増したり甘いものを食べたくなったりした経験はありませんか?これは過度なストレスや睡眠不足等の時に分泌されるグレリンコルチゾールというホルモンが原因です

このホルモンは無意識に高カロリーなものを食べたくなり暴飲暴食をしてしまったり余計な間食が増えたりするだけでなく脂肪も溜まりやすくなってしまうというダイエット中の方には恐ろしいホルモンです

天敵とも言えるこのホルモンを分泌させないようにきちんとした睡眠を取れるようにしましょう

5.睡眠不足は体の危機と同じ

人間の体は生命の危機と判断すると体に脂肪を溜め込もうとする性質があります急激なダイエットで体重が激減したときに訪れる停滞期もこの一種ですが睡眠不足も同様に体が生命の危機状態であると判断して脂肪燃焼の妨げになる危険性があります

同じ食事なのにカロリーを吸収しやすくなったりたとえ運動しても効率よく脂肪を燃焼しにくい体質になってしまいますのでダイエットにはきちんとした睡眠が重要というのは過言ではないでしょう

6.基礎代謝が落ちる

ある研究によるときちんと睡眠を取る人と比べて睡眠不足の人は筋肉量が減ってしまうと言われています

筋肉量が減ると寝ている間や普段起きている間の基礎代謝だけでなくせっかく運動をしていても消費カロリーも減ってしまうので同じ運動メニューをこなしていても睡眠不足の人の方が体重が減りにくいです

また寝ている間にする寝返りにはストレッチ効果もあるので普段使っている筋肉をほぐして全身の血行を良くすることで体に溜まった脂肪を燃焼しやすい体質を目指せます

7.高血圧糖尿病の原因にも

睡眠不足がダイエットの妨げになるだけではなく生活習慣病を引き起こす可能性になるなんて思ってもいない方も多くいるのではないでしょうか

じつは睡眠不足は自律神経やインスリン働きが鈍くなる事によって高血圧や糖尿病の原因になるとも言われています

たった1週間睡眠不足が続くだけで血糖値が急上昇したという研究データもあるのでたかが睡眠不足なんて思わずにダイエットの為だけでなく自分の体の為にもきちんとした睡眠を取ることをおすすめします

まとめ

いかがでしたでしょうか?睡眠を疎かにしていると肌荒れやストレスだけでなく知らない間にダイエットや健康の妨げとなってしまう事もありますので正しい睡眠を心がけてあなたの理想の体を目指しましょう

  おすすめ記事

 - ダイエット