気まずくならないためには。好きじゃないのに告白された時の上手な断る理由4選

      2016/02/10

0I9A362915032155accyon2_TP_V

好きじゃない男性に告白された時、女性としてははっきり言って迷惑だと感じてしまうこともあるでしょう。

ですが目上の人であったり、仕事や趣味でこれからも顔を合わせなければいけないような男性であれば、今後のことも考えて丁寧に断らなければいけないようなことも出てくるでしょう。

ですから上手に理由をつけて断る必要があります。 失礼にならないような理由を見つけましょう。

そして今は恋愛をする気がないようなことを断る理由にしてしまうと、後から良い人が現れた時に困ってしまうこともあるので、あくまでも今は恋愛できる体制が整っていないというようにすると良いです。

上手に断るテクニックを身につけて、その人とその後も適度な良い関係でいられるようにしましょう。

【1.仕事が忙しいのを理由にする】

失礼にならない断り方の一つに、仕事を理由にすることができます。

仕事は生きていく上で大事なことですし、何か自分のやりたいことがあっても仕事が忙しい状態だとできないこともあるでしょう。

ですから告白を上手に断りたいような時も、仕事が忙しいのを理由にすれば上手く断ることもできますし、相手にも納得してもらうことができます。

仕事が忙しい時期でないなら、仕事が楽しいから今は恋愛は後回しにしている、といったように伝えてもいいでしょう。

仕事というのを理由にすれば前向きな女性とも見られ、断ったとしても嫌な女性に見られません。

仕事が忙しいというのは若い女性でも中年の女性でも違和感なく使えるので、上手く断りたい時は仕事を利用にすると良いです。

学生さんは部活動や勉強を理由に断るのも良い方法だと思います。

【2.恋愛の傷を負っているように伝える】

現在自分に付き合っている人がいないのであれば、何故断るのかという理由を明白に告白した相手に伝えなければいけないこともあるでしょう。

そういった時、気になる人がいると伝えれば、告白した相手はその相手の名前を聞き出そうとするかもしれません。

ですから困ってしまうこともあるので、気になる人は昔の元彼や、なかなか出会うことができない人にしてもいいでしょう。

特に元彼であれば心の傷を負っていたり、まだ元彼が忘れられないということも想像がつくので、告白を断られても仕方ないと相手を納得させることができます。

そして元彼は学生時代の彼など、告白した相手もあまり知らない人にしておくといいでしょう。

心に傷がある女性には、あまり責めたりする人もいないので、上手に告白を断る理由として使えます。

【3.アイドルやアニメに夢中】

アイドルやアニメなどの二次元の世界に夢中になっていることを伝えれば、相手を傷つけることなく告白も断ることができます。

アイドルやアニメに夢中になっている人はその世界に夢中で、その事に多くの自由時間を使ってしまうことも少なくありません。

ですから趣味が充実しているという理由で告白を上手く断ることができます。

趣味は趣味でも二次元の世界の趣味は、共通の仲間にしか会話がついてこれないことも多いので、告白した相手とは世界が違う、という点で断ることもできます。

ですがアニメだと告白した相手も好きである可能性が出てくるので、できれば男性が話についてこれない男性アイドルグループに夢中になっていると伝えたほうがいいでしょう。

結婚を意識する年齢であれば、こういったヲタク趣味で引かれてしまうこともありますが、うまく断れることも多いです。

相手のほうもこれ以上追わないこともあります。

【4.実家が大変な時期だと伝える】

自分の体調不良を告白を断る理由にしてしまうと後で心配されてしまいますし、具体的な症状などを答える時に困ってしまうこともあるので、実家の両親の体調不良や、親せきが大変だということを理由として断るといいでしょう。

実家の大変な問題は具体的に告白した相手に伝えることができないことも多いですし、まだ他人なのですから、告白した相手に実家の大変な理由を伝える必要もないでしょう。

なんとなく実家が大変だと伝えるだけで告白も断れることがあるので、上手く断るには実家の都合を理由にしてみてもいいでしょう。

ですが実家を理由にするにしても、重病や危篤などの病気は使わないようにしましょう。

大変だということだけを伝えて、後は想像に任せるように、うやむやにしておくことも大切です。

仕事関係や友達つながりだと、家族が重病や危篤だということで過度に心配されてしまうことも出てきてしまうからです。

まとめ

好きじゃない男性に告白された時、はっきりと断ってしまうのも良いですが、その告白した人の性格によってまだ追いかけてきたり、断り方によっては逆ギレされてしまうこともあります。

ですからできるだけ難なく断るようにするためにも、自分が後々困らない、納得してもらえる理由を探すようにするといいでしょう。

あまり極端な理由や、誰かも巻き込んでしまうような理由はうまい断る理由とはいえないでしょう。

関係ない人も巻き込まないように、趣味や仕事を理由にして断っていくのも良いでしょう。上手な断り方と言えます。

  おすすめ記事

 - 恋愛