朝食を食べないのはデメリットだらけ。朝食を食べて痩せる身体をつくろう。

      2016/02/06

YMD68_TKG_TP_V

痩せたいからといって朝ごはんを控えたりすることはありませんか?

朝にご飯をあえて食べないのは、自分から太ろうとしているようなものなんです。

今回は朝食を抜いてしまうことが原因で起こるデメリットをご紹介します。

1.本当に痩せたいのなら、朝ごはんはしっかり取ろう。

ダイエットのために、朝はあえて食べずに生活している人もいるのではないでしょうか。

しかし、朝ごはんを抜くことはダイエットしている身としてはむしろ逆効果なのです。

なぜなら、朝食を食べる時に身体で行われるエネルギー消費量は

夜ご飯を食べる時に発するエネルギー消費量の数倍になることが科学的に証明されているからです。

これは朝起きたばかりの身体を目覚めさせるために、朝食でとったエネルギーを大量に使うからです。

夜はもう眠りにつくだけなのでご飯を食べてもエネルギーを身体はあまり使いません。

食事をした後は身体があったかい感じがしませんか?

人は食事をとった後食べ物を分解するために熱を発します。

運動しなくても発するこの熱のエネルギーが大きいほど痩せやすくなるのです。

つまり、夜ご飯よりも朝ごはんの方が数倍身体から熱が放出するため、何もしなくても数倍痩せやすい状態になっているということです。

また、朝の10時から夜の4時までは、ご飯を食べても脂肪になりづらい時間であることが知られています。

夜にまとめて食べるよりも、脂肪のできにくいこの時間帯にも分けて食べる方が太りにくいですよ。

2.朝食を食べないでいると筋肉が減ってしまう

朝ごはんを食べる人の方がダイエットのために朝ごはんを抜く人よりも筋肉がつくことが知られています。

筋肉はじっとしていても大量のエネルギーを使います。つまり、筋肉がたくさんある人のほうが何もしなくても痩せやすい身体だということです。

いくら食事を減らしても、それと一緒に筋肉も減ってしまうとますます痩せにくい身体になってしまうのです。

ですから、朝食をしっかり食べて適度な運動をして健康的な筋肉をつけるようにしましょう。

ちなみに、太ることが仕事のお相撲さんは1日の食事を1回にすることが多いそうです。それが太るには最適な食生活だからです。

太らないようにするためには、回数を分けて食事をすることが重要ですよ。

3.起きる時間がバラバラだと太ってしまう。

生活のリズムが不規則だと太りやすい体質になりがちです。

朝食をきちんと食べて体内時計を規則正しい動きに調整しましょう。

昔の人に比べて、今の人が太っているのは朝食を食べないことが原因の一つだと言われています。

昔の人は朝食は家族みんなで決められた時間に、バランスのいい食事をすることが習慣となっていました。

しかし、最近では朝食は食べずに、食事は偏ったファストフードといった食生活をする人が多いです。

痩せるためには、朝食を食べて体内時計をしっかり整えることが重要なのです。

今は無理な食生活をしていても大丈夫でも、数年後に太りやすい体質になった時に後悔してしまうのです。

また、寝る前にスマホの画面やテレビ画面をみると眠くなくなり次の日起きるのがつらくなります。

寝る前はスマホなどの光るものは見ないようにして、しっかりと熟睡して規則正しく起きられるようにしましょう。

4. 1日3回食べることは大切

朝食を食べないと、お昼にお腹が空きすぎて食べ過ぎてしまいがちです。

また、夜遅くに食べることも控えた方がいいでしょう。

夜遅くに食事をとると、寝ている間に胃の中に食べ物が残ってしまい、胃もたれを起こしてしまいます。

夜遅くご飯を食べた次の日の朝食べる気が起きないのはそれが原因です。

夜遅くに食べたりせずに、1日3回の食事を心がけてください。

5.朝食を食べないと、学力も低下する

朝食はダイエットに効果があるだけではなく、1日の頭の働きにも重要な役割をしています。

朝食を食べないと血液が脳に行き渡らず、脳がフルパワーで動いてくれなくなるのです。

つまり、朝食を食べないと集中力低下、記憶力低下、判断力低下、などなどデメリットだらけなのです。

また、朝ごはんを食べないと感情のコントロールもできなくなり、イライラしやすくなってしまいます。

朝食を抜いたら、性格も怒りっぽくなってしまうので注意してくださいね。

まとめ

急いで痩せようとして無理に食事を少なく制限するのはオススメできません。

急いで結果を求める食事制限系のダイエットは、筋肉が減ってかえって太りやすい体質を作ってしまうだけです。

ダイエットしているつもりで朝ごはんを食べないでいると、体重は減っていくどころか増えていってしまいますよ。

裏技のようなダイエット方ではなく、きちんとした食生活と適度な運動で健康的な身体を作っていく方が結果的に早く痩せられるかもしれませんね。

  おすすめ記事

 - ライフスタイル