食べ過ぎたとき、ダイエットは次の2日間が勝負!

      2016/11/14

デートや旅行で食べ過ぎてしまう。。。

食べ過ぎてしまう

旅行では現地でしか食べられないおいしいものがあるのでついついたくさん食べてしまいますよね。

食べ物が栄養として吸収されて利用されるまでには、だいたい48時間かかると言われています。

ですから、食べ過ぎた翌日からの2日間を普段通りに過ごしてしまうと、体に余分な脂肪が溜まり太ってしまう危険が高いです。

太らないためには食べ過ぎた後の2日間が勝負です!

・おなかが空くまで食べないようにする

おなかがすくまで食べない

食べ過ぎた翌日の起きたときに、体がだるかったり、おなかが苦しかったりしたことはありませんか?これは睡眠中にも体が食べ物を消化していて休む暇がなかった証拠です。

ダイエットのためにも、おなかが空くまではおやつやカロリーのあるものは控えるようにしましょう。

できるならプチ断食もおすすめ

プチ断食

手軽にできる方法として、1食を市販の酵素液にして、他の2食をおかゆで補う方法があります。これを2~3日続けてください。

プチ断食には、デートや旅行で食べ過ぎて増えた体重を元に戻す効果だけでなく、食べ過ぎて弱った胃腸を回復したり、便秘の改善にも効果があります。

・夜ごはんを早めに食べてカラダを休ませる。

早めに夕食をたべる

夕食を早めに食べることで消化のスピードやエネルギーの消費量が改善されます。

寝る前3時間以内の食事はNGです。17~19時に食事をとることが理想的です。

20時以降は消化の機能が弱まってくるため、水や白湯(水を沸かしたもの)を飲むようにして何も食べないようにすることを習慣づけましょう。

夕飯を早めにとるダイエット方法は、3食をきちんと食べることができ、朝もスッキリ気持ちよく起きられるようになるためオススメです。

  おすすめ記事

 - ダイエット