友達と、どこで食事する?太らないための外食のメニューの選び方まとめ

   

カフェ、ファミレス、居酒屋、外食が続いてしまう。。。

外食してしまう

デートで好きな人とディナーをしたり、友達と一緒に食事したり、家で作るのが面倒だったり、外食って結構多いですよね。太ってしまわないか心配になります。

そこで、外食でも太りにくいメニューをまとめてみました。

・イタリアン

イタリアンの食べ方

イタリアンは"食べる順番"がポイント。サラダ→肉・魚→炭水化物の順番で食べる。

イタリアンでは、野菜類や魚介類、きのこ類が多く入っている食事を心がけましょう。ベーコンやひき肉の入ったものはできるだけ控えたほうがカロリーを減らせます。

パスタやピザなどの炭水化物は一度の食事で1つに抑えておきましょう。炭水化物をとる前にスープを飲むと食べ過ぎを未然に防ぐことができます。

また、バターやクリームを使ったメニューはカロリーが高いので、オリーブオイルを使ったメニューを選ぶこともダイエットには効果的です。

・居酒屋

居酒屋での太らない食事つい多く注文しがちな居酒屋では注文を少しづつすることが効果的です。

メニューにカロリーが書いてるとは限らないので、自分で判断できるようにしていきましょう。

油ものより煮物、焼き物、蒸し物。

油もの

揚げ物や炒め物は油が多く入っているので注意が必要です。

和食は煮物や焼き物が多いので、できれば居酒屋でも洋食や中華ではなく、和食を選ぶようにしましょう。

お酒を飲んでいるときにご飯やパン、麺類を食べない。

お酒を飲むとアルコールの様々な要因で食欲が増進してしまいます。

飲むのは夜が多いと思うので、ご飯や麺類を食べるとカロリーが消費されずに身体に蓄積されてしまいます。

居酒屋では一度にたくさんの注文はせず、量が多い食事は頼まないように心がけましょう。

・ファストフード

ファストフードでの食事

値段の高いハンバーガーはカロリーが2倍

値段の高いハンバーガーのカロリーは約500~600kcalあるため、ダイエット中には普通のハンバーガーを選ぶようにしましょう。

また、フライドポテトや甘いドリンクも高カロリーなので注意が必要です。

シェイクはハンバーガー1つ分のカロリーがあるので注意してください。

野菜ジュースやサラダを選ぶ

サイドメニューで野菜ジュースやサラダなどヘルシーなものを頼むことは効果的です。

ただし、ドレッシングの中にはカロリーが高いものもあるので注意が必要です。ごまやシーザードレッシングはカロリーが高いのでお勧めできません。

・コンビニ

コンビニの食事

衣がついているものはNG

コロッケ、アメリカンドック、ポテトフライなど、

衣がついている食品は思った以上にカロリーが高いので我慢するようにしましょう。

おにぎりの具もNGがある

おにぎりの具を選ぶ

ダイエット中のおにぎりNGメニューは、バター醤油、炒飯、中華風おこわ、などなど油が多めのものです。

カロリーを気にするなら、梅、シャケ、こんぶなどがおすすめです。

本当に痩せたいなら自炊が一番

外食では自分で食事のバランスを整えたり、カロリーを計算して食べることが難しです。本当に痩せたいなら外食はできるだけ我慢して自炊するのが一番効果的です。

自炊といっても慣れていない方は難しいことをする必要はなく、お総菜やレトルト食品を利用しながら食事の内容やバランスを見直していくだけで大丈夫です。

油を少なめにして調理したり、付け合わせをカロリーの低いものに変えたりと自炊ではちょっとした工夫でカロリーを減らすことができます。

外食は高カロリーになりがちなので、ダイエットしているときは気を付けてお店を選んでくださいね。

  おすすめ記事

 - ダイエット